水分が影響して太ももが太る

水分と太る要因

1日に必要な水分としては2リットルだと言われています。しかし、水分を取ることは必要不可欠なんですが、摂り過ぎること、または取り方を間違えると、美脚を防いでしまう恐れがあります。

 

太ももやふくらはぎのシルエットがすっかりしなかったり、肌は厚みがつよく、ボッタク見えてくすんだ色になってくると、自分の足にそんな症状が現れると、なんだかせっかくダイエットを意識しても意味がなくなってしまいます。ダイエットのためにオルリファストを服用しても、たとえ足が太くなっていたら意味が無くなります。

 

水毒とはそもそも余分な水が体の中に停滞して、悪い状況を創りだしてしまうことであり、たとえば、気、血、水のめぐりが私達の健康を左右することが考えられ、中でもからの60〜70%を締めるのが水です。

 

水分が多いんぶん、少なすぎても多すぎてもいけません。体に悪い影響を与えるために、例えば水溜まりの水を想像すると時間が経つとどんどんと沈んでいきます。

 

これは体と同じことで、じょじょに皮膚に吸収することで、これがむくみと関係してきます。水は重力の影響を受けて体の下の方へ集まり、そして、ふくらはぎや太ももなどの皮膚に吸収されやすくなります。

 

そうなることで、悪い水分が下半身に溜まりやすくなるわけですね。たとえ、体重は変わらなくても、水分が下半身に吸収されているために、どうしても太っているように見えてしまいます。

 

1日に2リットルほど水分を吸収することは必要ですが、体外にしっかりと排出することも大事です。運動やマッサージなどを適度に行うことが重要とされているために、日々の生活の中で行うようにしましょう。