時間の工夫

体を動かしてちょっとした工夫を

体を動かし、運動で体脂肪を燃やす。
これが一番だと思うのですが、なかなか難しいのが現実です。

 

 

ダイエットを始めた時に最初にランニングやウォーキングからスタートする人もいると思います。最初はいいのですが、毎日のように継続しておこなうのがけっこう難しい。

 

体を動かし、脂肪を燃焼するために、ランニングやウォーキングをすることは重要ですが、一番大切になるのが運動をする時間だと思います。

 

 

運動をする時間があれば、それなりに対策が取れるかもしれませんが、働き盛りのビジネスマンにとって、運動をしたくても、仕事が影響するために、運動する時間がない。

 

そのために、途中で辞める人もいるかと思います。

 

ならば日常生活の中でちょ御任働く工夫をしてみればいいのでは?
もし車で出勤をしているのなら、週に1回の洗車、ワックスがけを他人に頼まず自分でやる、車がなければ風呂掃除、床磨き、窓掃除。

 

今までは、人任せにしたものを、自分で率先して、体を動かす。このちょっとした事でも、からだを動かすために、脂肪燃焼につながるのではないか?

 

通勤電車内で、つめ先立ちトレーニングをするだけでも、下半身を鍛える効果があるために、太ももやふくらはぎをスリムにすることにも期待できます。

 

ちょっとした工夫で、エクササイズにつながるので、試して見る価値が有るかもしれませんね。