職後すぐに服用することが望ましい

オルリファストの服用するタイミング

トップ・ページでも少し説明をしたのですが、オルリファストの服用に関して。
そこまで難しいことではありませんが、オルリファストは1日に3錠を限度として服用します。

 

ただし、オルリファストの効果としては、リパーゼを抑えることで油や甘いものを胃や小腸で吸収しないことで、体重の増量を防いでくれます。

 

油が含まれていないものを食べるときにオルリスタットを服用しても、効き目は変わらないために、ある程度は計画をしてから服用したいものです。

 

それから、服用するタイミングですが、食中、または食後1時間以内に服用をすること。

 

オルリファストが、どのような働きをするのかを思い浮かべれば、服用するタイミングも自然と思い浮かべると思います。

 

特に難しい事はありません。
脂質を体内に吸収できる大きさにまで分解するリパーゼという消化酵素の働きを抑える。

 

つまり、食事を摂取した後に服用することがポイントです。
タイミングとしては、早ければ早いほど効果が高いとされています。

 

逆に、食事をしてから時間がたてばたつほど効き目が弱まるとされています。