食べないようにするには

エネルギー源

食べたいという願望さえ抑えることができれば、そこまで太ることに悩まされることもないはずです。だけど、ついつい食べ過ぎてしまうために、どんどんとお肉がついてしまうわけであり、猛烈な食欲が抑えられないのも生き物と脳科学者の話からよく聞きます。

 

昔から人間は痩せるようにはできていないと言われています。哺乳類は何度か氷河期を乗り越えて、効率よく体に脂肪を貯めるシステムになっているために、そのようなシステムがあるから人間は生きていくようにできているのですが、そうではないようなことを求めている現代では、少し矛盾しています。

 

エネルギー源になる炭水化物や脂質、タンパク質が代行部となっている人間の体は昔から、そのようなシステムになっているわけであり、運動してエネルギーを消費することがあまり好きであありません。これは人間だけでなく動物も同じことで、食べるだけ食べて横になっている姿をよく見ることが有ります。

 

ただし、それは寿命が今よりも遥かに短かった頃の昔の話で、現在のようにあまりにも栄養ホフな環境で長生きする時代ではその体に適応していると肥満へまっしぐらになるとされています。

 

一番は、栄養なものを食べて、運動をすることが重要になりますが、そんなにうまくできないのが人間の体です。そこで、脳をうまく騙してコントロールすることが重要になります。

 

体を動かすことを心地よく感じたり、運動を習慣づけたりして、食べ過ぎてしまうことににある程度抵抗感をもたせ、できるだけ少ない量で満腹させるような、頭にインプットさせるように言い聞かせることで、できるだけ太りにくい体になるわけです。